根部環状切除術

根部環状切除術

包茎手術というと、亀頭を覆っている皮(包皮)を切り取るのが一般的です。しかし、この部分は性感帯でもありますし、目立つ部分です。
軽度の包茎の方向けの手術として、根部環状切除術という方法があります。別名、バックカットとも言われます。陰毛の近くの陰茎の付け根部分を切り取る手術です。

【根部環状切除術とは】
その名前の通り、ペニスの根っこの部分を環状に(リング状に)切り取る手術方法です。
バックカットとも呼ばれます。亀頭の裏皮に縦にメスを入れる方法で、背面切開という方法があります。この手術方法をバックカットと呼んでいるサイトや医師もいるのですが、不正確です。人によって用語法の混乱があるので、名前だけではなく具体的な内容の説明もきちんと受けるようにしましょう。

最近の包茎手術の流行は、亀頭のすぐ下の皮を切り取るという方法です。この方法は上手にやればカリ(亀頭の端の溝の部分)に傷痕が隠れます。ツートンカラーにもならないので、人気があります。しかし高度な技術が要求されるため、上手にいかないような場合もあるのが実情です。亀頭を包んでいる包皮の内側には、性感をつかさどる神経があることも指摘されています。この部分を切り取るため、性感が落ちる可能性があるとも言われています。
そこで、最近注目されているのが根部環状切除術です。これは亀頭の近くには一切メスを入れません。ペニスの付け根の部分に皮膚をたぐりよせてから切除するのです。根部には陰毛がありますので、手術痕も隠れて目立ちません。包皮には手を入れませんから、包皮内板もなくならず感覚が鈍る可能性もありません。ツートンカラーも目立たず先端部は自然な仕上がりとなります。
ただ、根元まで皮を寄せることができなければ意味がありません。包皮口が狭い方など重度の包茎には使うことができません。軽度包茎の人専用の手術方法と言うことができるでしょう。
これと似た治療法で、切除ではなく医療用の接着剤を使う方法もあります。根部に皮を手繰り寄せて、接着剤でくっつけてしまいます。根元部固定法です。

【根部環状切除術のメリット】
・手術痕が陰毛に隠れて目立たない
・包皮内板を切らないので、性感が落ちない
・仕上がりが自然

【根部環状切除術のデメリット】
・陰毛から傷痕が透けて見える可能性も
・軽度の仮性包茎にしか使うことができない
・切除する範囲が決定しづらく、つっぱりなどが起きる可能性も

「包茎手術の種類」関連記事

ページ・トップへ