良い病院と悪い病院

良い病院と悪い病院

包茎手術業界は競争が激化しています。競争が生じると、お互いに競い合い業界全体のサービスは向上していきます。
しかしその副作用として、悪い病院・悪質な病院も生まれてきます。
悪い病院の特徴を予め知っておくことで、だまされずに良い病院を選ぶことができるようになります。

【悪徳商法】
包茎手術は今や一大ビジネスとなっています。病院が増えると、それだけ問題も増えてきます。誇大広告や高額な請求など、悪徳商法だと訴えられているようなクリニックも存在しています。
消費者生活センターには、これまでに500件を超える相談が寄せられています。

これらの商法に騙されないためには、予備知識を持っておくことが非常に重要です。

【悪い病院の特徴】
良くないクリニックは、以下のような傾向があります。
※以下のいずれかに該当するからと言って、必ずしも悪徳業者とは言い切れません。規模やサービスなどの事情ということもあります。要は、親身になってくれるかどうかが大事なのです。
・医師以外のカウンセラーが事前相談をしている(執刀医と相談する医師が異なる)
・初回の相談で、その日に手術するように勧めてくる
・料金が明確でない
・執刀医がパートやアルバイトの医師
・オプションを強引に薦めてくる
・質問に回答してくれない

【良い病院を選ぶために】
より良い病院を探すためには、多少の手間と労力をかける必要があります。男性にとってペニスは、まさしく「息子」同然の存在のはずです。一生の付き合いとなるのですから、慎重になって然るべきでしょう。
良い病院を選ぶためには…
・包茎についての基礎知識を仕入れておく
・悪い病院の特徴を知っておく
・複数の病院についての情報を集めておく
・何か所かの病院に実際に相談に行く
・絶対に即断、即決をしない
・カウンセリングの前に聞きたいことはすべて聞いておく
・手術の前の段階で料金を決めておく
以上に挙げた点はすべて大事な点です。特に、即決しないということと、複数の病院を訪問するということは非常に重要です。
悪徳業者ほど、その場での決断を促してきます。やはり人を騙して食っていっているのですから、話術は巧妙で達者です。どんなに騙されないと思っていても、気が付くと誘導されているということもあります。これを防止するためには、一度冷静になって考えるというプロセスが不可欠なのです。
複数の病院を訪問すると決めておくと、冷静さも維持できます。


「病院を探す」関連記事

ページ・トップへ