クレーム問題

クレーム問題

包茎治療の業界では、クレーム件数が増加傾向にあります。
中には本当に「被害」と言えるようなものもあるのですが、言いがかりに近いようなクレームが存在しているのも事実です。

【単なる因縁か実害か】
現在の日本の包茎治療は、少し問題を抱えています。包茎手術が「商売」になってしまい、広告や宣伝・根拠のない情報がまかり通っているのです。
誇大広告を出したクリニックで治療を受けて、実際に効果をあまり実感できなかった場合。これは、クリニック側に責任があると言えるでしょう。手術に対して文句を言っても、正当なクレームであるということができます。
これに対して、誇大広告やあいまいな情報をもとに、広告元とは関係のない病院に行って手術を受けたとします。期待していた効果が得られなかったとしても、これで文句を言ったら単なるモンスタークレーマー。因縁をつけているだけとなってしまいます。もっとも、病院側がきちんと説明をしていなかった場合には、病院側の責任は大きくなるでしょう。それでも、「被害」を受けてしまった側の責任も否めません。
このように本当にクレームと言えるのかどうかは、状況によって変化します。

【モンスタークレーマーとならないために】
病院側の措置は正しかったのに、自分が思っていた通りにならなかったと主張する人はモンスタークレーマーと呼ばれています。場合によっては、業務妨害として病院側から逆に訴えられてしまうということもありえます(今のところそういう事例は報告されていませんが)。

モンスター扱いされないためには、以下のような点に注意するようにしましょう。
・包茎、包茎治療の正しい知識を身につける
・自分の要望を事前に病院側にきちんと伝える
・病院側の説明をきちんと聞く
・説明事項などはできれば文書などの形で渡してもらう
このような注意をしておくと、「実害」にあってしまったときにも証拠とすることができます。文書だとか証拠だとか大げさだな…と思うかたもいるかもしれません。しかし男性にとってペニスは重要なものです。失敗してしまうと取り返しがつきません。包茎手術は気軽にしていいというようなものではなく、「大げさ」な一大事なのです。

悪質なクレーマーが存在する一方で、悪質な業者が存在しているのも事実です。正しい知識を身につけ、いくつかの病院に相談をするという防衛手段をとることも非常に重要です。

「包茎手術について」関連記事

ページ・トップへ