包皮再生

包皮再生

アメリカでは、60~80%もの男性が幼児のときに割礼(包茎手術)を受けています。
日本では到底信じることができないかもしれませんが、割礼を受けたアメリカ人男性の中で包皮再生(包茎に戻すこと)が流行しています。
包皮=悪というのは必ずしも正しいとは限らないのかもしれません。

【アメリカの包茎事情】
キリスト教・ユダヤ教・イスラム教では宗教上の理由から、幼少期から割礼が行われています。特にアメリカでは、割礼を行うことが通常となっており6割以上の男性が包茎手術を受けさせられています。
しかし1970年代になると、アメリカでは包皮(亀頭を包んでいる皮)の重要性が指摘されるようになります。1990年代には学会も包茎手術に懐疑的な立場をとるようになりました。それでもアメリカでは、割礼の習慣はなくなっていません。
成人男性の中には、包皮の重要さを認識し、包皮を再生させたいと思う方が増えてきています。今では、包皮再生手術や包皮再生グッズなども流行しています。日本とはまるで逆ですね。

ちなみに包皮の重要さとは…
・セックスの快感を増幅させる機能がある
・性交時に女性器との摩擦を調整して、ほど良い動きを実現することができる
・感染症などを予防するなどの保護・免疫機能を持っている
というものです(これらに異議を唱えている学者も多く存在します)。

【包皮再生の方法】
包皮再生の手段は大きく分けて二つあります。手術とグッズを使ったものです。

<包皮再生手術>
再生手術は、グッズを使った再生に比べるとてっとり早いのが特長です。もっとも、効果がないような場合もありますし、痛み・リスクを伴うのでアメリカでもあまり行われていません。
具体的な方法は…
1.陰茎の部分の皮膚を亀頭に移植する
2.睾丸(金玉)の皮膚を陰茎に移す
というものです。2度の手術が必要なのも倦厭される理由のひとつです。

<包皮再生グッズ>
アメリカで一般的な再生方法は、グッズを用いたものです。お金があまりかからず、リスクも少ないことから好んで利用されています。もっとも、数年間継続しないと再生しないというデメリットがあります。
手術は日本ではほとんど行われていませんが、再生グッズは輸入して使用することができます。日本でも包茎手術を公開して再生にチャレンジする人もいるようですよ。
グッズは商品によって様々ですが、ひっぱって伸ばすというのが基本的な原理です。

「包皮について」関連記事

ページ・トップへ