真性包茎の亀頭強化

真性包茎の亀頭強化

真性包茎の亀頭は普段外部との接触がないので、非常に刺激に弱い状態になっています。
外気にさらすことで多少亀頭を強化することが可能です。
ですが根本的な治療には繋がらないので、いつかは手術・治療を検討した方がいいでしょう。

【真性包茎の亀頭が弱いわけ】
完全露出している方の亀頭は「強い」のが特徴です。亀頭を露出させた状態で、下着などと擦れても痛みは全く感じません。これに対して、真性包茎の方の亀頭は「弱い」状態です。摩擦どころか、外気に触れるだけでも刺激を感じるという方が多いのです。
弱さの理由は、やはり外気に触れていないから・刺激に慣れていないからです。亀頭を強化することで、早漏を強化できたり痛みを緩和したりすることができます。

【真性包茎の亀頭強化の方法】
亀頭を強化させる方法は、外気にあてることと外部からの刺激に慣れさせることです。いずれにせよ、まずは亀頭を露出させることから始めなければなりません。重度の真性包茎の方は、ほとんど亀頭を覗かせることができないはずです。それでも可能な限り亀頭を出します。最初から刺激を与えるのは良くないのでまずは外気に慣れさせることから始めましょう。最初は5分でも10分でも構いません。だんだんとその時間を長く設定していきましょう。このとき、包皮の入り口を手で多少拡げる形になるかと思います。このとき、痛みを感じない程度に拡げることが大事です。痛みを感じているということは、組織に負荷がかかっているということです。裂傷の原因となりますので、無理をせずゆっくりとというのが基本です。
この作業を少しずつしていくうちに、だんだんと露出できる範囲が広がるはずです。
空気に慣れてきたら、次はお湯や水に慣れさせましょう。それに対応できたら、次は露出させたまま行動してみましょう。

【亀頭強化は限界がある】
以上で説明した方法で、ある程度の亀頭強化はできます。しかし、そもそも全く包皮口が開かないという場合などには使うことができません。また狭い包皮を拡げるという作業を伴いますので、ケガや感染の危険があります。辛抱強くやっていけば、仮性包茎の状態にすることもできるのですが、無理をするとカントン状態になることもあります。亀頭を強化できても、ズル剥けの状態にまで持っていくのはほぼ不可能です。
やはり真性包茎の方は、病院に行って診断・治療を受けるのが一番でしょう。


「真性包茎について」関連記事

ページ・トップへ